学歴は就活に影響するのか?

就活を行っている学生の間には、出身大学が就職に強く影響しているように思われていますが、企業が有名大学出身者を選考で優遇しそうなイメージがあります。たとえば多くの企業が採用活動を行っていく上でターゲット大学を設定することがよくあります。

これは積極r的に採用を行っていきたい出身大学を新卒採用のターゲットに設定していくことですが、このことは決して企業側が有名な大学出身者しか採用していないという意味をあらわしているわけではありません。 企業の求人でも学歴不問と謳っている募集も見かけますが、実際の就活で学歴というものは影響があるものでしょうか。

優秀な人材を見つけるには出身の学校に関係なく見つけることは出来ますが、実際に学歴フィルターという言葉があり、すべての人材の中から平均をとるならば偏差値の高い学校に社会人としての適正のある人が多いという判断がなされ、多くの募集者がいる中で学歴を問わず優秀な人材を見つけていくことには時間がかかるため、就活を行うそれぞれの経歴の中から学歴を採用の基準にすることもあるようです。

企業側も就活を行う者が有名な大学の出身者だからといって、仕事が出来る人材であるとは思ってもいないでしょうし、実際は入社してからでないと優秀な人材であるかどうかは分からないことは承知しています。しかしここで学歴を採用の基準にするということは高学歴というものは受験戦争を勝ち抜いてきた証明であり、企業側としては課せられた仕事がきっちりとなせるのではないかという期待感が持てるという考えがあるからでしょう。

しかし高学歴だからといって、就活で内定がたくさんとれるかと言えば必ずしもそうではなく、実際に結果に結びつかない就活生もいます。企業の多くは履歴書にあるような経歴だけで採用の判断をするわけではなく、筆記試験による学力や知識、面接における志望動機や対応の仕方などさまざまな点から考慮して、採用を決めます。

その中で採用の決め手になる要素として履歴書の経歴にある学歴もその中に含まれます。逆に言うと学歴の低い人は内定がもらえにくいということもありません。企業によっては採用に対して不利な面となることもありますが、面接などで印象が良いことが企業に伝わると社会人としての適正のある優秀な人材に見えて内定や採用が決まるというケースもあります。企業が採用する人材について考えるのはやはり会社に入社して優秀な人材として働けるかというところを見ますが、必ずしも経歴だけで判断されるわけではありません。

ピックアップサイト

620-233-2512
デザイン性だけでなく、機能的でなくてはいけません

(403) 284-0665
豊富な実績から得た経験でオフィス移転にまつわるコラムを掲載しています

その設備点検システム、タブレットで効率化します!
「CHECKROID」を導入してみませんか?

ホームページ制作・リニューアルも
サイトの改修を考えている企業様にも対応